資料の紹介

 コロナ禍の緊急事態宣言を受け、Windows OSに標準搭載されたRDP(Remote Desktop Protocol)を活用して慌ただしく在宅ワークの環境を構築した企業も少なくないだろう。RDPは導入にあたってIT担当者の負担が少なく、クライアント側でもすぐに社内PCを遠隔操作できるようになるなど大きなメリットがあるからだ。

 しかし、セキュリティ面では十分とは言いがたい。実際にRDPポートの脆弱性を突いたサイバー攻撃が増えており、新たな脅威となっている。そこで、VPNの併用、VPNのアクセス制限、適切な認証システムの採用、RDPセッションの監視・管理などによりリスクを減らす対策が有効だ。

 本資料では、ログインの見える化ソリューションを通じて、リモートワークのリスクに対処する方法を解説する。本ソリューションは、Active Directoryと連携してすべてのログインを監視することにより、端末や接続方式などでアクセスを管理。不審なログインの遮断、2要素認証の導入など、徹底した入り口対策でセキュアなログイン管理を実現する。さらに全ログインの記録と可視化は、トラブル発生時の迅速な対処と原因の追跡、コンプライアンス準拠のリポートとしても役立つとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。