資料の紹介

 ハッキング被害のほとんどは、総当たり攻撃や紛失/窃取されたパスワードが原因となっている。情報漏洩が起これば、賠償が必要になるだけでなく、ユーザーや市場からの信頼低下は避けられない。パスワードだけでなく、生体認証やセキュリティキーを使ったユーザー認証の強化が、今や必須となりつつある。

 多要素認証には、2つ以上の要素を組み合わせた多くの認証方式が存在する。認証方式によって実現できるセキュリティレベルは異なり、パスワードレス認証であっても一概に安全とは言えない。また基本的に、セキュリティレベルを上げるほど、ユーザーの負担は増えていくため、適切な方式の見極めが重要だ。

 本資料では、多要素認証の様々な方式や手法と、達成できるセキュリティレベルをわかりやすくまとめており、自社に合った方法を見極めるための基本知識として役立ちそうだ。さらに、ユーザーの負担を抑えながら多要素認証を実現でき、国内1600社80万ユーザーの導入実績があるという国産の認証サービスも紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。