資料の紹介

 Webアプリケーションや、クラウドベースのアプリケーションは、サイバー攻撃の対象になりやすい。理由は単純で「成功する可能性が高い」からだ。Webアプリケーションへの攻撃が入り口となり、より重要なシステムへ不正に侵入されてしまう。

 攻撃を防ぐには、その兆候を理解し、脅威に対する洞察力を得なければならない。ただ、攻撃の指標は必ずしも明確ではなく、正当なトラフィックに紛れ込んだ攻撃の検出は難しい。そこで活用したいのが、素早い対応が可能で、運用の手間が少ないWebアプリケーションの保護ソリューションだ。

 本資料は、4つの攻撃タイプ(クレデンシャルスタッフィング、APIの悪用、SQLインジェクション、ビジネスロジック)について、実例と対策を解説する。攻撃を阻止するには、どのアプリケーションがどのような攻撃を受けるのかを認識し、可視化することが重要だ。包括的なWebアプリケーションとAPI保護プラットフォームを使用することで、セキュリティの向上はもちろん、総保有コストを最小限に抑えることが可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。