資料の紹介

 最先端の自動化技術を導入し、生産ラインを増やしていくだけの戦略では、メーカーは競合他社をリードすることが難しくなった。一方、クラウド、ビッグデータ分析、人工知能(AI)といったIT技術の進展によって、新たな競争軸が生まれつつある。新時代を勝ち抜くうえで求められるのが、製造現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。

 製造業DXの第一歩がOT(Operational Technology:制御・運用技術)データを接続して収集すること。OTデータは製造業DXの柱だ。このOTデータの使いこなしで鍵を握るのが、データの「取得」「準備」「伝送」「セキュリティ」の4つである。こうした基本の習得が重要になる。

 本資料は、製造業DXの概要からOTデータの基本、セキュリティの重要性などを詳しく解説している。DXを始める、あるいは検討中の企業にとって、理解を深めるのに役立つ資料だ。すでにDXを推進中の企業も、基本を再確認してDXを成功させよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。