資料の紹介

 製造現場にロボットを導入することで、人手不足の解消や自動化による生産性向上など、さまざまなメリットが期待できる。特に、人との共同作業を前提とした協働ロボットは、ロボット自体が小型で、安全柵を設置する必要がなく、既存の生産ラインをそのまま継続して使えるという利点がある。

 しかし、協働ロボット自身が安全機能を備えているとはいえ、過信は禁物だ。ロボットメーカーが安全性を担保しているのは本体のみである。周辺機器と組み合わせたロボットシステムをつくる場合、改めて全体の安全性を考慮して、リスクアセスメントを実施する必要がある。

 本資料では、安全なロボットシステム構築に役立つ制御機器について解説する。例えば、ロボット本体にシールのように貼り付けて使う非接触式のセンサーは、ロボットに人やモノが接近したことを検知できる。人が接触直前まで接近した状態でもロボットを制御できるようになる。これは、レーザースキャナーなどでは難しい。こうして事故の可能性を減らすための方策を実行すれば、単に安全を担保できるだけでなく、作業員がロボットを意識せず、安心して作業できる環境の構築が可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。