資料の紹介

 製造業の生産現場にIoT(モノのインターネット)を取り入れ、生産ライン上のすべての機械やシステムから情報収集できるようにすれば、ライン全体で現在起きていることをリアルタイムに可視化できる。こうしたスマート工場では、それまで人間が行っていた判断や指示がデジタルデータの分析やシミュレーションによって自動化され、その結果、工場の柔軟性や信頼性、生産性が向上すると期待されている。

 しかし、スマート工場を実現するためには、機械同士をデジタルネットワークに接続するだけでは不十分である。データを活用できる包括的なプラットフォームが必要だ。

 本資料では、生産ラインや複数の生産拠点をIoTでつないで活用できるようにした、電子機器製造の生産ラインについて解説する。さまざまなメーカーの製造機械やプロセス技術を組み合わせた環境で、生産ラインから収集したさまざま形式のデータを1つの標準仕様に正規化することによって、機械間の通信の障壁をなくす。こうした手法により、すべての機械が相互に接続できるようになり、生産管理や品質管理、サプライチェーン材料管理などの自動化が可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。