資料の紹介

 産業用Ethernetの普及が世界中で急激に進んでいる。従来、工場などで使われるネットワークとしては、測定機械や装置類とコントローラー間をシリアル通信で接続するフィールドバスが主流だった。しかし、Ethernetを産業用途で使用する際の課題だったノイズや確定性の問題を解決する様々なプロトコルが開発されたことで、産業用Ethernetは制御システムの主要技術になりつつある。

 Ethernetは数十年前から数多くの汎用機器で使われている。産業用Ethernetを採用すれば、産業機器とPCやワークステーションなどとの接続が容易になるうえに、ネットワークスイッチなど、Ethernet用の標準的なインフラもそのまま利用できることから、環境構築時のコストも大幅に削減できる。

 本資料は、工場のネットワークをフィールドバスから産業用Ethernetへ移行する際に、何から始めるべきかという疑問に答える内容になっている。アプリケーションの要件確認から使用すべきプロトコルの種別、テスト環境まで、検討すべき内容について、順を追って解説する。ソフトウエアやプロトコルスタックなど、必要な要素が統合されたプラットフォームについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。