資料の紹介

 産業界のデジタル化を通して機械同士や人と機械の協調を図り、高い生産性と強い競争力の確保を目指す「スマートインダストリー」の取り組みに注目が集まっている。その実現には、様々な情報を正確に計測して数値化する高度なセンシングや、それを視覚化するイメージングの技術が必要不可欠だ。

 レンズを通して取り込まれた光を電気信号に変換するイメージセンサーも、こうした需要に対応する形で、多くの産業機械に搭載されるようになった。今後も、マシンビジョンや検査機器、監視システムなど、様々な産業機器や社会インフラへの活用が期待されている。

 本動画では、スマートインダストリー実現に向けた高解像度イメージセンサーと、そのコンパニオンチップとなる画像処理チップについて、接続可能なカメラモジュール、スターターキットなどのリファレンス情報とともに紹介する。BLE(Bluetooth Low Energy)で超低消費電力を可能にした産業向けスマートショットカメラと、それを活用する機器やシステムについても提案している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。