資料の紹介

 重要データの保護というミッションは、年を追うごとに難しくなっている。クラウドやIoTの普及など、IT技術の進化と発展は著しいが、その弊害として、機密データが攻撃者に狙われやすくなった。攻撃者も新しい技術を活用して攻撃力を高め、攻撃対象をますます拡大している。

 新しい脅威が登場するたびに、セキュリティチームはさまざまなツールやプロセス、人材の配置などで対抗してきた。だが、それを上回る勢いで脅威の数は増え、質も上がっている。既存システムに新機能を追加し続けても、連携が不十分なツールの寄せ集めになってしまえば、時間と労力、コストの浪費になりかねない。

 本資料では、複雑化/高度化する脅威への対策として生まれた「XDR(拡張ディテクション&レスポンス)」について、基本から丁寧に解説している。企業インフラのあらゆる経路について、脅威を検知・調査し対応できるため、アラート数を削減し、経験の浅い担当者でも効率よく脅威を評価できるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。