資料の紹介

 急速なビジネスのデジタル化に伴って進んだのが、企業システムへのアクセスの多様化だ。クラウドやオンプレミスのデータやアプリケーションに対して、今やあらゆる場所、様々なデバイスから、人間やボット、各種のサービスアカウントがアクセスしてくる時代になった。

 だが、多くの企業や組織が利用しているID管理ツールは、スムーズなユーザー認証とアクセスを目的として設計されたものであり、「誰が何にアクセスすべきか」というポリシーに基づいたアクセス権の付与はできない。そのため、ガバナンスやセキュリティの観点でのチェックなしにアクセス権を付与し、知らず知らずのうちに、リスクにさらされているケースがある。

 本資料では、なぜ従来のアクセス管理だけでは、セキュリティやコンプライアンスを十分に確保できないのかを説明する。さらに、有効な対策として、ポリシーに基づいたアクセス権管理を実現する「IDセキュリティ」の導入を提案。アクセス権の可視化、ポリシーに従って自動化されたアクセス管理、疑わしい動きを知らせる警告機能など、具体的な機能を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。