資料の紹介

 データファイルをベースにした設計プロセスや工程管理に行き詰まっていないだろうか。設計とシミュレーションの部門が別々のIT環境やツールを使っていると、データを引き渡すためのフォーマット変換が必要になったり、手戻りが発生したときに同じ作業を繰り返したりする。本来必要のない手間や時間がかかり、生産性が低下しているとしたら、見直しが必要だ。

 こうした問題の解決策となるのが、設計とシミュレーションの統合である。設計者とシミュレーション担当者が、開発プロセスの初期段階から、モデリングとシミュレーションを全面的に統合した環境で共同作業すれば、製品のふるまいを考慮した検討ができるようになる。

 本資料では、設計とシミュレーションの間の障壁を取り除く統合環境について解説する。設計者とシミュレーション担当者がコラボレーションすることで、製品を正確に把握でき、完成品の性能に関する高精度のデータが得られるという。また、すべてのチームが常に最新のファイルやデータを使用するため、データ変換の時間や設計変更のたびに必要となっていた作業を軽減できるとする。取り扱うファイルを間違えるリスクも回避できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。