資料の紹介

 脱炭素社会に向けて、世界各国がそれぞれの目標を掲げて取り組みを進めている。日本でも「2050年までの脱炭素社会の実現」を基本理念とする改正地球温暖化対策推進法が2021年5月に成立。自治体や民間企業にも、太陽光発電などの再生可能エネルギーを活用した一層の温暖化対策が求められている。

 そうした背景から太陽光発電の導入が進む中で、その安全性に対する関心が高まっている。もし太陽光パネルが屋根に設置された建物で火災が発生した場合に、太陽光パネルの影響で消火活動が遅れたり、消火作業が困難になったりすることはないのだろうか。そもそも太陽光発電システムが原因で出火することは本当にないのだろうか。

 本資料では、安全性の確保に注力した産業用の太陽光発電システムについて紹介する。火災発生時にも消火活動の妨げにならず、太陽光発電システム自体からの出火原因も排除した設計を施しているという。海外で要求される厳しい安全規制にも準拠し、倉庫や商業施設の屋根をはじめ、学校やガソリンスタンドなどより高い安全性を要求される建物にも広く採用されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。