資料の紹介

 Microsoft 365(旧Office 365)は、多くの企業で利用されているビジネスに不可欠なクラウドサービスだ。ところが、実際に導入すると「レスポンスが遅い」「思ったようなパフォーマンスが出ない」という企業が少なくない。その原因の多くはネットワークだ。Microsoft 365はネットワークへの負荷が大きいため、既存のネットワークが限界を迎えてしまうのである。

 ただし、ネットワークのどこがボトルネックになっているかを把握しないまま対策を進めると、十分な成果を得られなかったり、不要な対策に力を注いで予想外にコストがかかったりする。例えば、単純にインターネット回線の速度を高めても、ボトルネックが社内ネットワーク内にあれば問題の解決にはならない。

 本資料では、Microsoft 365の動作が重くなるネットワーク上の原因を3つに分類し、原因ごとに適切な改善策を提示する。さらに、ネットワークそのものを冗長化することで、Microsoft 365のパフォーマンスと信頼性を高める方法も解説する。Microsoft 365のパフォーマンスに問題を抱えている、あるいは、これからMicrosoft 365を導入しようと考えている企業の担当者は、ぜひ目を通しておいてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。