資料の紹介

 少子高齢化による労働力不足や後継者不足、グローバル化によるコスト競争激化、コロナ禍や気候変動がもたらす先行きの不透明感――。製造業は今、様々な困難に直面している。こうした困難を限られたリソースで乗り越えるためには、業務効率化が必須となる。そのため、DX(デジタルトランスフォーメーション)への関心はますます高まっている。

 しかし、製造業のDXについては「うまく進められない」「着手すらできていない」という声が多く聞かれる。日経BP総合研究所が2020年12月、製造業300社に対して行った調査では、「DXに着手済み」とする企業は半数にも満たなかった。DX化を進めている企業でも「順調に進捗している」と答えた企業は2割にも満たない。

 本資料では、製造業DXを成功に導く秘訣と実現方法について、3つのポイントを挙げて解説する。さらに、製造業DXを支援するツールとして、低価格で、現場のニーズに合わせて簡単に業務をアプリ化できるモバイルアプリ作成ツールについて説明している。ノーコード開発のため、現場を知るスタッフが自らアプリ作成できるという。物流倉庫や農業用機械生産、電機設備の施工・保守の現場での活用事例も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。