資料の紹介

 あらゆる業務に利用されているExcelだが、その一方で「脱Excel」を目指す企業も少なくない。業務への活用が進むにつれ、ファイルが重くなる、属人化で情報共有が困難になる、バラバラのフォーマットで集計作業に時間がかかるといった様々な課題が噴出するからである。有力な解決策の1つは、ノンプログラミングで開発可能な業務アプリ開発プラットフォームを使うことだ。

 例えば、数千の顧客を1つのExcelで管理していたある企業では、細かい管理ができなくなり顧客への連絡漏れも発生していた。そこで、非エンジニアが開発した顧客管理アプリに情報を集約。問い合わせ対応がスムーズになり、15倍もの案件数を抱えるようになった。また、ふるさと納税の返礼品管理をExcelで行っていたある自治体では、データベースアプリを開発することで、2週間かかっていた作業を1日で完了できるようになったという。

 本資料では、Excel業務に課題を抱えていた5つの企業・組織が、クラウド型業務アプリ開発プラットフォームを導入することでどのようにして脱Excelを成し遂げたかを詳しく解説する。Excelによる管理はもはや限界と感じている企業は、ぜひチェックしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。