資料の紹介

 大手製薬会社のエーザイがビジネスイノベーションの促進に向けて取り組むのが、情報共有基盤を刷新するグローバルプロジェクト「TSUNAG」だ。それを支えるICT基盤としてまずMicrosoft 365を導入し、異なる場所から同じ資料を同時に編集しながら議論したり、ビデオ会議やチャットでコミュニケーションしたり、資料を共有したりする環境を整備した。

 ところが利用拡大に伴い、業務を進める上で欠かせないコンテンツにまつわる課題が浮上する。例えば、ファイルサーバーの容量逼迫や社外とのファイル共有の難しさだ。また、社外とのコミュニケーションはメールのまま残ってしまった。それらを解決するために見いだしたのが、コンテンツを中心としたコラボレーション基盤との併用である。

 本資料は、Microsoft 365とコンテンツ管理基盤を組み合わせ、より柔軟な情報共有基盤を構築することに成功したエーザイの事例を紹介したものである。特徴の異なるクラウドサービスを使い分け、それぞれに最適なコミュニケーション環境を実現した好例といえるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。