資料の紹介

 日常生活のデジタル化が進み、企業はオンラインバンキングやデジタル決済など便利なサービスを次々と投入している。その一方でサイバー攻撃者は、こうしたオンラインサービスをいち早く悪用しようと、新しい不正の手口を絶えず探求している。

 セキュリティ担当者は当然、対策を講じている。だが、アラート対応など目前の業務に追われ、管理業務の効率化や、予防措置にまで手が回らないというのが現実だ。異常事象の調査やデータの監視、不正行為の影響分析といった業務を、迅速にこなすことは難しい。

 本資料では、最新のサイバー攻撃や不正行為の手口を解説したうえで、新手の攻撃を追跡し効果的に検出するための方法を紹介する。エンドポイントやネットワークなどからデータを収集してリアルタイムで攻撃を検出・可視化できるようにするには、まずはどこから取り組むべきかについて説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。