資料の紹介

 「マルチクラウドやハイブリッドクラウドを導入したものの、それをサポートするシステムが不十分で、クラウド環境を十分に生かしきれていない」。最近、セキュリティやIT、ソフトウエア開発で、このような悩みを抱えている部署は多いのではないだろうか。

 クラウドインフラは手軽に導入しやすいため、各部署がそれぞれ意思決定をした結果、複数のクラウドサービスが社内に混在しがちだ。ばらばらに導入されたクラウドサービスは、それぞれに適したセキュリティ対策が必要になる。これでは、管理が煩雑になり、無駄なコストもかかる。こうした視点からインフラ技術を検討する組織を持つ企業は極めて少ない。そのため、導入後にようやく環境特有の課題に気づく事態に陥りやすい。

 本資料は、マルチクラウドやハイブリッドクラウドを運用するうえで押さえておきたい、3つの機能について解説する。これらの機能が備わっていれば、クラウド環境を存分に活用しながら、安全な運用とイノベーション推進を実現できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。