資料の紹介

 三井住友海上火災保険は、部門横断のデータ分析や、非構造化データの高度な分析・活用を可能にするため、新たなデータ分析基盤を構築した。保険ビジネスで蓄積した膨大なデータを生かして、新たなリスクをカバーする保険商品の開発や、補償内容の充実を実現し、事業の成長を図る。

 同社が、部門や業務ごとに構築・運用されていたオンプレミスのデータウエアハウスを、クラウド上で統合したのは2019年秋のことだ。だが統合当初は、データの内容を整理した「データカタログ」が存在しなかったうえ、分析用にデータマートを作成しても、別のBIツールでは使えないなどの問題があった。

 本資料では、三井住友海上が、保険ビジネスで蓄積した膨大なデータをサービスの開発や強化に生かすために構築した全社データ分析基盤の概要を紹介する。特に、データを柔軟に加工・変換するための新たな仕組みについて、選定の経緯と導入効果をまとめている。サービス強化などの「攻め」、法対応などの「守り」の両面で効果が見込めるとしている。