資料の紹介

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の成功は、データの有効活用が鍵を握る。さらに、クラウドとの連携も欠かせない。しかしハイブリッドクラウド/マルチクラウドが加速するにつれ、プラットフォーム間で“データのサイロ化”が発生し、データ主導ビジネスの足かせとなっている。

 事業競争力の向上に資する一方で、クラウドの普及はデータ統合の重要性が以前にも増していることを意味する。データが一元化されていない形で蓄積されると、分析に至るまでの加工や手間が膨大なものになるからだ。そこでクラウドデータの統合ツールが注目されているが、新しい市場だけに最適なソリューションを選ぶのは難しい。

 本資料では、クラウドデータ統合の障壁としてコスト、人材不足、複雑性の3点を挙げ、AI(人工知能)を搭載したノーコード/ローコードツールによる解決策を解説する。大学、太陽光発電企業、大手会計事務所といった事例も取り上げる。データ統合の悩みがどの業種・業態でも共通することを示す。太陽光発電企業では3倍のスピードで分析結果を出せるようになり、会計事務所ではデータ統合の開発・保守にかかる時間が半減したとしている。