資料の紹介

 いまやデジタル技術はあらゆる業界に変革をもたらしている。特にその影響が大きいのが金融業界だ。いち早く「フィンテック」が注目されたように、金融業界は他の業界に先駆けてDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進してきた。

 現在、データ活用の観点で、金融業界には3つの大きなトレンドがあるという。1つめは「より本格的なクラウド依存」、2つめは「データコラボレーションの活発化」、そして3つめが「最新のデータ戦略とデータテクノロジーの採用」だ。例えば1つめのトレンドでは、オンプレミスのレガシーシステムでデータのサイロ化に悩まされる競合他社を横目に、クラウドによって強固なセキュリティを維持したままデータを活用し、事業を成長させている先駆者の姿が浮かび上がる。

 本資料では、金融業界のDX先駆者たちのデータ活用状況を3つのトレンドから詳しく解説する。中でも、性能、柔軟性、スケーラビリティ、安全なデータシェアリングなどの観点から、クラウド型のデータウエアハウス(DWH)の活用が重要になるという。金融業界の先駆者たちの動向は、きっと自社のDX推進の道しるべとなるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。