資料の紹介

 デジタルビジネスでは、大量データを迅速に処理することがカギを握る。小売業界は、まさにDX(デジタルトランスフォーメーション)が効果を発揮する業界の典型だ。顧客ニーズ、行動データ分析、サプライチェーン管理などが絡み合い、常に最適な需要予測や在庫計画が求められるからである。

 これを従来のレガシーなデータベースで処理することは困難だ。各部門でデータがサイロ化し、抽出やクレンジング(データの前処理)に時間を取られ、競争力が損なわれてしまう。まずはデータサイロを解消し、一元管理によるデータの整合性と品質を高める必要がある。

 本資料では、小売業界を例に、「データドリブン」なデータ活用を成功に導くための考え方を紹介する。高速かつ適時のサービス提供による「カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)」の向上、環境変化に強い「サプライチェーンの最適化」、顧客データやPOSデータを混合したデータセットによる「データ収益化」が重要なポイントだと説く。そのためには、クラウド型のデータウエアハウス(DWH)が欠かせないという。これらは、小売業界だけでなく様々な業界でも有効なDXアプローチと言えるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。