資料の紹介

 デジタル技術の進歩により、データは量、種類とも飛躍的に増え、処理スピードも高まっている。医療業界でも、電子カルテや患者アプリ、ウェアラブル機器のセンサーなどが急速に普及し、かつてないほど多くのデータが使えるようになった。患者も自分の健康データを管理し、積極的に治療に関与できる。

 こうしたなか、めまぐるしく変化する患者のニーズや市場に適応し続けるというプレッシャーにさらされているのが、医療者や医療保険事業者、製薬会社などである。高水準のデータセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスを実現しつつ、データを活用して患者の回復や健康管理に貢献することを求められている。

 本資料では、データが医療および関連業界にもたらした5つの破壊的変革について、調査データを引用しながら解説。実例として、医師が患者とビデオチャットをしながら診察するバーチャル医療サービスを展開する米Firefly Healthの取り組みも紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。