資料の紹介

 自動車業界では100年に1度といわれる大変革が進んでいる。自動車産業の未来はどうなるか。そこには、どんなビジネスチャンスが生まれるだろうか。自動車産業の未来を予測するうえで押さえなければならないのが、中国の動向だ。中国は、世界最大の自動車市場であると同時に、日米欧のこれまでの常識にはない、新しいものづくりが始まる場所でもある。

 とりわけ注視せざるを得ないのが、脱炭素戦略と連動した、ガソリン車から電気自動車(EV)への転換の動きだ。中国政府は自動車の電動化を機に、自動車技術で世界の最先端に躍り出ようという野心を持っている。

 本レポート「中国EV市場調査 技術動向・サプライヤー分析」では、中国特有の部品調達や設計思想から主要メーカー・製品・需要予測まで、中国EV市場の全体像をまとめた。日産自動車でEV「リーフ」や、ハイブリッドシステム「e-POWER」などの開発の中心にいた技術者らが立ち上げた「ブルースカイテクノロジー」が、中国のEV市場を分析・執筆した。「中国EV市場の全体像を知りたいが、まずは何を調べればよいか」といったニーズに応える一冊となっている。

 さらに本レポートでは、EVやハイブリッド車(HEV)を含めた中国政府の方針や現在の車両の販売動向、さらに、電池やインバーターなどの主要電動部品のサプライヤー動向を解説。部品・部材については企業別のシェアと主要メーカーのプロフィルに加えて、自動車メーカー(OEM)と部品メーカーの相関図を独自に作成し掲載している。さらに、著者の中国市場でのコンサルティングや技術指導の経験から得た、中国メーカーならではのEV部品に関する考え方も開示しており、中国EVの市場動向を知りたい企業には必携の内容となっている。

-----「中国EV市場調査 技術動向・サプライヤー分析」の内容

▼主要プレーヤーと相関図、シェア
水平分業が進む中国の電動車両業界は、どのようなエコシステム(生態系)となっているのか。中国の政府・業界団体・企業の公開情報に基づいて、部品メーカー(サプライヤー)の企業・製品情報、中国市場シェアなどを調査。電池、モーター、インバーター、車載充電器などの主要部品について自動車メーカー(OEM)とサプライヤーの相関を分析・図解。

▼電動部品の調達方針と設計トレンド
中国の商習慣を熟知する著者が、日米欧とは異なる中国独自の部品調達の考え方や電池開発の設計思想を解説。

▼販売動向と2035年までの需要予測
足元(2021年)の販売実態を明らかにするとともに、政府方針と業界団体の資料から2035年までの需要を予測。
【販売動向】中国EV販売台数トップ12 比較、自主ブランドの販売現況
【需要予測】自動車生産量および販売量、乗用車(新エネ含む)新車の平均燃費、排出基準、新エネ車の販売比率、パワートレーン別総需要予測

▼自動車技術ロードマップと政策・規制
2035年には日米欧を凌駕(りょうが)して一気に自動車製造大国へ躍り出ようともくろむ中国の「政府のビジョン」と「業界団体が掲げる中長期計画」を解説。

(※下部より全目次と抜粋版をダウンロードできます)

著者:ブルースカイテクノロジー 企画・編集:日経クロステック/A4判、108ページ/2022年2月7日発行/発行:日経BP
著者:ブルースカイテクノロジー 企画・編集:日経クロステック/A4判、108ページ/2022年2月7日発行/発行:日経BP

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。