資料の紹介

 小売業界において慢性化している人材不足。働き方改革による長時間労働対策など、企業側も様々な努力を払ってはいるものの、根本解決には至っていない。加えて、昨今の店舗集客の変化や感染症対策、ECサイトの台頭による販売のオムニチャネル化などへの対応にも迫られており、売り上げ減少の危機にもさらされている。

 こうした状況を打開するために、各社はDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる。中でも、がぜん注目を集めているのが画像認識・顔認証技術である。実証実験などを含め、顔認証による決済に取り組む店舗が続々と登場。決済だけでなく、情報提供や各種マーケティング、店舗側のオペレーション改善、セキュリティ対策などにも有効なため、人的リソースへの依存を回避する策として、画像認識・顔認証に熱い視線が向けられているのだ。

 本資料では、小売業界の人材不足問題を解決する画像認識・顔認証の活用方法を紹介する。具体的な導入シーンに加え、導入効果、顧客や店舗側のメリットなどを詳しく解説。併せて、ファーストキッチンやイオンモールといった企業の導入事例も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。