資料の紹介

 パンデミックをきっかけにテレワークの導入が進み、これまでの仕事の進め方が見直され、仕事環境のさまざまな場面にアプリが導入されるようになってきた。アプリのニーズが急速に拡大する中で、それに応えられるだけのアプリ開発者が不足していることが、課題として浮かび上がっている。

 このアプリ開発者不足の解決策として注目されているのがローコード開発だ。業務のプロセスを熟知している現場担当者がアプリを開発できるようになるため、ユーザーが望むシステムの開発にも適している。しかし一方で、IT部門の管理下にないアプリが増大したり、基幹システムへのアクセスを許可することに伴うリスクが高まったりすることへの懸念もある。

 本資料では、ローコードのワークフローアプリを使用して、ローコード開発の懸念解消に取り組んだ事例を紹介する。「スピードとセキュリティの両立」「エンドユーザーへの優れた体験の提供」「アプリの肥大化対策」などで、ローコード開発の取り組みに行き詰まっている企業にとって参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。