資料の紹介

 いまやあらゆる業界・規模の企業が、デジタル変革を迫られる時代になった。とは言え、皆が米Googleや米Amazonのようなリーダーになれるわけではない。ほとんどの企業は、業界のリーダーにできるだけ早く追いつこうとする「先行企業」か、他社の様子をうかがう「後続企業」のいずれかに二分される。

 先行企業はイノベーションによって一定規模の市場を獲得でき、いずれ業界リーダーに追いつく可能性もあるだろう。だが、後続に甘んじていれば、将来的には市場でシェアを確保できなくなる。こうした事態を避けるには、現在の課題と、それをいかに解決すべきかについての正確な洞察が必要だ。

 本資料では、2022年のアプリケーション開発における新たな3つのトレンドを挙げ、2022年から2025年にかけて企業が進むべき道と、アプリ開発担当役員、最高情報責任者(CIO)、主任アーキテクトなど、各担当者が果たすべき役割のロードマップを具体的に示す。さらに、課題とその傾向、何をすべきかも説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。