資料の紹介

 ランサムウエア攻撃への対策は、企業にとって最も深刻なセキュリティの課題の1つだ。初期のランサムウエアは、攻撃のターゲットが本番環境に限られていたため、バックアップとリカバリーが有効な対策だった。だが今では、バックアップを破壊後に本番データを暗号化したり、脅迫手法にデータ流出を追加したりするようになり、被害は拡大の一途をたどっている。

 それにもかかわらず、いまだに多くの企業が、数十年前に開発された「レガシーなデータ管理技術」に頼ったデータ保護を続けている。このやり方では、最新のデータ保護やセキュリティの要件を満たすことができず、サイロ化による複雑性も手伝って、不便なうえに管理作業のミスも増えかねない。

 本資料では、ランサムウエア攻撃の進化について解説したうえで、最新の脅威を想定した新しい世代のデータ管理プラットフォームを提案。ゼロトラストの設計原則や、人工知能(AI)や機械学習による異常検知およびデータ分類の自動化など、同プラットフォームが備える最新の機能を簡潔に紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。