資料の紹介

 新型コロナによる世界的なパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻、地球規模の気候変動に伴う自然災害など、ここ数年、企業にとって先の読めない困難な期間が続いている。この不確実性の高い状況は、簡単には変わらないだろう。計画を立てても、それを即座に撤回または修正せざるを得ないような事態が今後も続くのだ。

 ただし、未来は見えなくても目に見えるトレンドはある。例えば、CEO(最高経営責任者)の3分の1近くはパンデミックに関連したビジネスの混乱が当面続くと考えている。また、人手不足により2022年の戦略が影響を受けることを懸念しているCEOの割合は、実に73%に上るという。さらに、ESG(環境・社会・ガバナンス)はすべての企業にとって、今後、間違いなく重要なテーマとなる。

 本資料では、不確実性が高まる現在において、2022年に起きる3つの大きなトレンドを紹介する。さらに、これらのトレンドから導かれる課題と取るべき行動を、グローバルビジネスやリスク管理、ESGなどの責任者に向けてブレイクダウンして詳しく解説し、最適化へのロードマップも提示する。不確実な時代、少しでも先を見通すためにチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。