資料の紹介

 セキュリティの問題や効率の悪さなどから、多くの企業で「脱PPAP」が加速している。PPAPとは、メールでファイルを送信する際にパスワード付きZIPファイルに圧縮し、パスワードを別メールで送付する方式のこと。このPPAPを廃止するユーザーが急増しているのだ。では、PPAPを使ってきたユーザーはどうすればいいのか。

 「ウイルスチェックができない」「盗聴対策にならない」といったPPAPの問題を回避するには、強固なセキュリティ対策を備えた製品・サービスの導入が必須だ。しかしその一方で、利便性とのバランスも考える必要がある。誰もがすぐに使えるような操作手順を持ち、業務を止めることがないようユーザー教育の不要な方式が代替手段の理想といえる。

 本資料では、脱PPAPに最適な大容量ファイル送受信システムを解説する。セキュリティや機能、操作方法などの説明のほか、上長承認やゲスト受信、バックアップなどのオプション機能も紹介する。製品・サービスのタイプは、クラウド・共有版、クラウド・専有版、パッケージ版の3種類。さらに、小規模ライセンス版を用意するなど、用途や利用規模に応じて様々な製品・サービスを選択できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。