資料の紹介

 IoTの普及やテレワークの広がりを受け、ネットワーク上のデータ通信量は増大を続けている。企業は以前から取り組んでいたデジタルトランスフォーメーション(DX)に加え、オンライン業態への対応も加速させており、ネットワークインフラの高速化、大容量化、信頼性の強化は、重要な課題となっている。

 ある調査によると、ネットワーク接続時の問題の約半数は、物理層と呼ばれるLANケーブルやコネクター部分で発生し、システム停止全体の65%が配線に関連している。つまり、高品質の部品を使い、正しい施工要領に基づいた配線をしないと、広範囲に多大な悪影響を及ぼすことになるのだ。

 本資料では、特にメタル配線を利用したLAN配線システムにフォーカスし、高い信頼性を実現するネットワークインフラ構築に必要な知識や配線規格など、2022年4月時点の最新状況を踏まえて解説する。配線工事を実施する技術者のみならず、発注側となる企業のネットワーク管理者も知っておくべき、最適なネットワーク環境実現に必要なケーブル配線システムの基礎知識を得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。