資料の紹介

 近年、件数が最も急増し被害額も増大しているサイバー犯罪が、ランサムウエアによる攻撃だ。企業はバックアップデータを保護するなどして攻撃に備えているが、ランサムウエアの出現場所や攻撃方法は目まぐるしく変化するため、新たな攻撃に備えて対処することは困難だ。

 ランサムウエアから企業や組織を守る最良の方法の1つは、多層的なアプローチだ。攻撃対象領域を縮小することでデータを保護し、機械学習を活用した異常の可視化と継続的な監視により攻撃を検知、すべてのデータを一度のリストアで迅速に復旧することで、データ損失を防止し、身代金の支払いを不要にする。

 本資料では、ランサムウエア対策に欠かせない3つのポイント「バックアップデータの保護」「攻撃の検知」「迅速な復旧」を実現する手段として、多層的な防御機能を備えた最新のデータ管理ソリューションを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。