資料の紹介

 製造業には今、デジタル革命の波が押し寄せている。設計・生産だけでなく、市場ニーズなどの情報の収集・解析や意思決定の合理化・迅速化も、デジタル化にかかっているといって過言ではない。

 製品をデジタル世界でシミュレーションし、実際の環境に当てはめてみたり、消費者の需要をモデル化して予測したりすることさえ可能だ。このように、製造に関する様々な情報を収集・解析して、意思決定に役立つ形で提示するのが「マニュファクチャリング・インテリジェンス (MI)」である。しかし、経営者は投資対効果をはじめ、様々な懸念を持っているのが実情だ。

 本資料では、MIでできることやMIへの取り組み方などMIの基礎について、産業用IoT、エッジコンピューティング、ローコードなど肝となるデジタル技術とともに解説する。MIによる変革の取り組みが失敗する理由は、準備状況の評価が不十分なことにあるという。資料では、MIに取り組む際に必要な、準備状況を評価するための5つのポイントについても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。