資料の紹介

 テレワークの普及など業務スタイルの変革もあり、ビジネスチャットやWeb会議、共有ストレージなどクラウドサービスを経由した情報共有は、もはやビジネスに必要不可欠となった。しかし、時代に合った利便性を備える半面、セキュリティ面では不正アクセスや情報漏洩など管理者を悩ませる課題が増加している。

 Microsoft 365も例外ではない。例えば、Microsoft 365への不正アクセスにより従業員のアカウント情報が窃取され、9000件以上の口座情報が流出するという事件も発生している。Microsoft 365の監査ログを利用すればリスクの有無を判断することができるが、チェック項目も多く、システム管理者の運用負荷が大きい。そこで注目されているのが、Microsoft 365と連携してアラートを上げてくれるツールだ。

 本資料では、Microsoft 365の利用状況とセキュリティのチェックを可能にする連携ツールを紹介する。Microsoft 365の監査ログを見やすく整形し、管理コンソール上に表示。視認性のよいリポート形式でも見える化できる。さらに、事前のアラート設定により、ビジネスチャットからユーザー本人や管理者への通知も可能だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。