資料の紹介

 電気料金の高騰が続き、エネルギーコストの削減は企業にとって喫緊の課題となっている。解決策の一つが、太陽光による自家発電・自家消費だ。国や自治体の優遇措置や補助金も魅力であり、カーボンニュートラルや企業のESG(環境・社会・企業統治)戦略の観点からも太陽光発電は注目されている。

 オフィスや工場などの屋上に太陽光発電システムを設置するなら、たくさん発電し、より多くの電力を取り出せるようにして、電力をできる限り自給自足したい。一方、火災などにつながる安全上のリスクへの対策は万全にしたい。そして、運用や保守点検のコストは抑えたい、これらのニーズに応えるうえでカギを握るのが、安全性と発電量を最大化するパワーコンディショナー(パワコン)や、稼働状況を見える化するソフトウエアである。

 本資料では、日本を代表する企業に採用されている産業用の屋上太陽光発電システムについて解説する。大手自動車メーカーの海外拠点や、著名な材料メーカーである日東電工の滋賀事業所などの導入事例も紹介されており、太陽光発電システムの選定のポイントや評価を知ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。