資料の紹介

 新型コロナウイルスの脅威により、これまでの常識は揺らぎ、新たな課題が生まれ、ビジネスの状況は一変した。しかしその一方で、多くの進歩とイノベーションが加速した。クラウドテクノロジーの導入もその1つだろう。

 ある調査によると、クラウド型管理会計システムを利用する企業・組織の回答者の85%が、クラウドの利用により、パンデミック時に多くの恩恵を得たと答えている。また、最大のメリットの1つとして「より効率的で優れた財務決算の実現」を挙げているという。

 本資料では、企業が激動の時代に機動力と競争力を維持するにあたって、クラウド型の管理会計システムがどのように役立っているかを、企業の財務部門またはIT部門に所属する1500人以上のビジネスパーソンを対象とした調査結果と共に、詳しく見ていく。