資料の紹介

 企業が扱うデータは急速に増え、ビジネス資産としての役割もますます大きくなっている。それに伴い、データを管理するITインフラとその運用はますます複雑になり、サイバー攻撃、システム管理者の人為的なミス、ユーザーの不注意、といったリスクにさらされている。

 こうしたなか、従来のセキュリティ戦略では、インシデント発生時にビジネスを継続することが難しくなってきた。重要なデータ資産を保護し、ランサムウエアなどのサイバー攻撃に迅速に対応するためには、「データをいかに保護するか」というこれまでの考え方から、「どれだけ早くビジネスを正常化するか」に切り替える必要がある。

 本資料では、急増するサイバー攻撃とランサムウエアの脅威に対し、ITシステムのレジリエンス(回復力)を確保するうえで、ストレージの役割がいかに重要であるかを、最新の調査結果と共に解説する。ランサムウエアのリスクを最小限に抑えるために重視すべきことや、迅速な復旧を可能にする仕組みを備えたストレージ関連ソリューションにも言及する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。