資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症のまん延に端を発して、在宅勤務の浸透など、従業員の働き方は大きく変化した。業務インフラの観点でも、自宅回線など、社内ネットワーク外からのアクセスが増え、業務アプリケーションのクラウド移行が本格化するなど、多くの変化が起きている。

 働き方が多様化する中で、従業員に支給されるPCなどのデバイスの管理運用についても、新たな対策が必要となっている。PC黎明(れいめい)期より一般的であった従来の管理手法では、社内ネットワーク内に閉じたデバイス管理を前提としており、社外ネットワークからのアクセスは本来想定されていなかったからだ。

 本資料では、恒久的な働き方の変化であるハイブリッドワークにも対応するクラウドベースのPC管理手法について紹介する。IT管理者はPCの利用開始に必要な設定を、物理的なキッティングではなくクラウド上で実施。従業員は支給されたPCにサインインするだけで、クラウド経由で必要な設定やアプリケーションが配信されて、業務環境がすぐに整うという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。