資料の紹介

 「ネットワーク回線を増強したのに遅延が改善できない」「セキュリティ対策が追いつかない」「ネットワークが複雑になって運用管理が大変」。このような課題が企業の中で増えており、システム運用管理者の負担は増すばかりだ。背景には、テレワークやDX(デジタル変革)への対応で、クラウドサービスを利用する企業が増えていることがある。

 ネットワーク遅延の場合、回線増強だけでなく、ボトルネックの解消が求められる。そのためには、まず「利用状況の見える化」が必須になる。また、セキュリティ対策や運用管理についても、アプリケーションやデバイスごとに設定・管理を実施するよりも、クラウド上に集約する方が一貫した対応がしやすい場合もある。そこで検討したいのが、ネットワーク・セキュリティ・モデル「SASE(Secure Access Service Edge)」の考え方である。

 本資料では、クラウド導入でよくある運用管理の課題と、SASEの概要を解説する。IT環境におけるセキュリティ機能とネットワーク機能を1つのクラウドサービスに統合することで、運用管理の負担軽減が実現できるという。