資料の紹介

 米国のある調査会社によると、サイバー攻撃の半数近くは、従業員のパスワード漏洩が原因であるという。中でも、組織のActive Directory(AD)にアクセスするためのパスワードが漏洩すると、侵入者がセキュリティポリシーを変更したり、権限を昇格させたり、ランサムウエア攻撃を実行したりできるようになるため、被害が大きくなる。

 だが、特に中小・中堅企業にとって、パスワード管理を徹底することは難しい。実際、弱いパスワードが使用されていたり、パスワードが使い回されていたりすることは少なくない。かといって、パスワードの強化や頻繁な変更を要求すると、ユーザーの使い勝手が悪化したり、パスワードを忘れてログインできないといった問い合わせが増えたりする。

 本資料では、パスワード管理を強化する際に中小企業が直面する課題と、パスワード管理のベストプラクティスを実践する方法について紹介する。セルフサービス型のパスワード管理とシングルサインオンの統合ソリューションにより、ユーザーの使い勝手を向上し、システム担当者の負担を減らしつつ、パスワードに絡むセキュリティを強化できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。