資料の紹介

 ランサムウエア攻撃はより高度に、かつ過激に進化しており、業種や規模を問わず被害が拡大している。企業や組織は多重脅迫をはじめとするランサムウエア攻撃の最新の動向を理解し、様々な戦術を駆使して、有効な防御策を講じなければならない。

 憂慮すべきは、ビジネスに迅速性や柔軟性をもたせる手段として導入が増えている仮想化インフラが、攻撃者にとって格好の標的となっていることだ。仮想化インフラにアクセスできれば、各マシンに直接ログインする必要がなくなる。さらに、Microsoft Exchangeサーバーの脆弱性を悪用したり、Active Directoryの設定ミスを突いたりする攻撃も増えている。

 95ページにわたる本資料では、侵害調査の現場で得られた統計データから、サイバー脅威の最新動向や侵害活動の実情を分析。それらを踏まえ警戒すべき攻撃グループと手口、対策のヒントを紹介する。さらに、重大な脆弱性が公開された際の対策手順や、防御態勢を構築する上で考慮すべき機能についても詳しく解説する。セキュリティ担当者は一度、目を通しておきたい内容だ。