資料の紹介

 個人や家庭に向けた製品を扱う消費財業界は、今、大きな困難に直面している。消費財に対する要求が急速に変化しているからだ。例えば、消費者は一人ひとりのニーズや関心に合った製品やサービスを求めるようになった。また、製品の市場投入のスピード競争は激化し、桁違いの素早さが必要になっている。製品デザインもどんどん複雑化している。商品開発の難易度は高まる一方だ。

 こうした困難を乗り越え、市場競争を勝ち抜くには、イノベーションを加速し収益率を高めるための「変革」が必要だ。そうした変革の実現は、大胆なデジタル化にかじを切り、多額の投資ができるかどうかにかかっている。

 本資料では、製品開発から製造、サプライチェーンまでにわたる消費財業界のデジタル化について解説する。中心となる技術は「デジタルツイン」である。仮想空間上に現実と全く同じ特性を備えた高精度なモデルを作成し、シミュレーションを行う。デジタルツインは、設計・開発プロセスの大幅な効率化を可能にする。また、設計や製造など全部門が同じデータを共有しやすくなるため、改善・改良をはじめ、あらゆる取り組みの劇的なスピード向上が可能になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。