資料の紹介

 テレワークが定着したところで、通勤手当や在宅勤務手当の扱いに頭を悩ませる企業は多いだろう。在宅勤務の比率が高い企業では、交通費や通勤手当の算定方法などを見直したり、あるいは在宅勤務手当を支給したりする例もみられる。

 こうした手当は、内容や支給方法によっては課税の対象となることがあり、従業員の場合は所得税、企業の場合は法人税と消費税に影響するので注意が必要だ。コロナ禍以降の勤務形態の変化により、従業員に支払う手当の種類が増えているなか、混乱しないよう整理しておきたいところだ。

 本資料は、企業と従業員それぞれの立場について、通勤手当や在宅手当をどのように処理するべきかを簡潔にまとめている。企業の場合、手当の支給方法を工夫することで節税できることもあるという。税法上の取り扱いを整理でき、自社に最適な支給方法を見つけるうえでの参考になりそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。