資料の紹介

 北海道電力(ほくでん)と、2020年に同社から送配電部門が分社化して発足した北海道電力ネットワーク(ほくでんネットワーク)は、社内で使う約6000台のPCについて、ほくでんがレンタルで調達し、運用管理はグループ会社のほくでん情報テクノロジーが担うという体制を敷いてきた。

 だが、人事異動のたびにPCの調達やセットアップ、引き渡しといった煩雑な業務が発生し、働き方改革や新型コロナ対策を進めるうえでも課題となっていた。そこで、分業体制を見直し、レンタル調達から廃棄に至るPCの管理業務を全面的にほくでん情報テクノロジーに集約。その結果、トラブル対応が迅速になり、PC運用管理の負荷も大幅に軽減されたという。

 本資料では、北海道電力グループがPCの調達から廃棄に至る運用管理の体制を刷新し、約6000台のPCを1年間でリプレースした経緯を、担当者への取材を基にまとめた。PC運用管理全般を担うほくでん情報テクノロジーが、PCレンタル事業者と緊密に連携することで、機種の選定・調達や障害時の代替機手配など、煩雑なPC運用管理業務を大きく省力化できたとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。