資料の紹介

 数人で始めた事業が順調に成長し、従業員数が増えてくると、給与計算の事務作業が膨大になる。書類の管理だけでも大変な量になり、様々な用途のExcelファイルがあちこちに生まれて、属人的な作業も増えてくる。すると、非効率だとわかっていても目先の作業に追われ、なかなか現状から脱却できない状況にはまってしまう。

 打開策は、大きく2つある。1つは、事務作業をアウトソーシングする方法。もう1つは、事務作業を社内で行い、作業の効率化を図る方法である。それぞれメリットとデメリットがあり、選択が求められる。また、社内作業の効率化を図る方法としては、給与計算システムの活用がある。このシステムにはオンプレミス型とクラウド型の2つがあり、どちらかを選ぶことになる。この2つにも一長一短があり、自社に適した方法の見極めが必要だ。

 本資料では、給与計算の事務作業を軽減するいくつかの方法と、それらのメリットとデメリットを示しながら、選択のポイントについて解説する。肝になるのは「従業員数」だという。自社の現在と将来の従業員数を考えながら資料を読んで、業務をどのように効率化するか検討しよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。