資料の紹介

 企業が成功するためには、イノベーション、品質、パフォーマンス、コストの面で、製品の“差別化”を図る必要がある。だが、多くの企業がしのぎを削る今日のグローバル市場でそれを実現するのは容易ではない。新製品を生み出す源泉とも言えるエンジニア部門が、付加価値を生まない作業を数多く抱えているようではなおさらだ。

 米国の最近の調査によると、エンジニアは、「他者のためのデータ収集」や「見つからなかったデータの再作成」といった付加価値のない作業のために、自分の時間の3分の1を費やしているという。今後、リモートワークが浸透し、自宅を含む様々な場所にエンジニアが分散して仕事をするようになれば、データが古くなるリスクが高まり、付加価値のない作業がますます増える懸念もある。

 本資料では、製造業220社以上を対象に実施したアンケート結果から、エンジニアが画期的な新製品の開発に集中することを妨げる「ムダな作業」の正体を分析。優良企業がどのようにしてムダを削り、余力をビジネスの成長に充てているか、改善の余地がどこにあるのかを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。