資料の紹介

 製造業にとって、高性能で高品質な製品を設計することは重要かつ非常に難しい問題だ。特に最近は製品が複雑化しており、考慮すべき設計上の課題が増している。例えば、搭載する電子部品が大幅に増えているため、熱や振動が電子部品の故障の原因となる。品質を担保するには、それらを十分に考慮した設計が求められる。

 ある調査によれば、67%の企業が「過去5年間で複雑さが増加している」と回答し、44%は「重要な設計判断がさらに困難になっている」と回答している。しかしこうした状況下でも、高性能で高品質な製品を開発できている企業はある。こうした優れた企業と、その他の企業ではいったい何が違うのか。

 本資料は、高品質・革新的・最先端で、かつコスト目標を満たす製品を開発できている企業と、そうでない企業の違いを272社のメーカー調査に基づいて分析し、明らかにしたリポートだ。例えば、1つの違いは、物理特性をソフトウエアで解析する力。優れた企業は複数の物理特性をシミュレーションする能力を有しており、物理テストを行う前に設計を調整することができているという。ほかにも興味深い違いがある。詳細は、本資料で確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。