資料の紹介

 産業機械メーカーにとって、市場シェア獲得の強力な武器となるのが、優れたエンジニアリングである。エンジニアが、品質面/価格面で顧客の期待を上回る製品を、予定したリードタイムで開発できれば、おのずと競争優位が得られるだろう。

 だが、機械設計は複雑化の一途をたどっている。エンジニアたちは、データの検索や情報の更新など付加価値の低い作業に多くの時間を費やしており、期待に応えられるだけの余力がないのが現実だ。実際、米国で実施された最近の調査によれば、機械設計者の98%が、「設計上の課題が自社のビジネスに悪影響を与えている」と回答している。

 本資料では、228社のメーカーを対象としたアンケート結果から、生産能力を高め、より高品質の機械をより短期間で生産するためのベストプラクティスを浮き彫りにする。結論として、機械設計に従事するエンジニアが付加価値の低い作業に使う時間を減らすための戦略を6つ示し、優良企業とそうでない企業の取り組みの差を検証している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。