資料の紹介

 デジタル環境の整備が加速する一方、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に必要なIT人材が不足している。経済産業省の発表によると、2030年にはIT人材が最大79万人も不足する可能性があるという。深刻化しているIT人材不足という課題の解決に向けて、企業が今取るべき対策には、どのようなものがあるのだろうか。

 その手段の1つがローコード開発である。これは必要最小限のソースコードで、短期間に素早くアプリケーションを構築できる開発手法だ。多くの市場調査リポートを見ても、ローコード/ノーコード開発の市場規模は年々増加しており、今後も急成長が予測されているという。

 本資料では、ローコード開発が注目される背景、DXとの関係性とともに、ローコード開発ツールを備えた開発プラットフォームの仕組みについて解説する。DXに必要な3つの技術要素を示しながら、それらを網羅した開発プラットフォームによるDXの推進方法を詳しく説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。