資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、世界的なサプライチェーンの寸断をもたらし、私たちの生活や企業、特に製造業に甚大な影響を及ぼした。ロックダウンや人手不足などの影響で工場の操業が停滞したり、部品の供給に遅れが生じたりしたことは記憶に新しい。

 その背景には、必要な情報が企業の枠を超えて行き渡らず、迅速な対応ができなかったことがある。これまでにも、サプライチェーン管理のデジタル化や全体最適化の必要性は指摘されてきたが、こうした不測の事態がいつまた起こるか分からない以上、最優先で取り組む必要がある。

 本資料では、顧客やサプライヤーの情報を連携し、AIも活用して顧客接点から受発注、製造、物流まで自動化することで、不測の事態でも、企業や組織の壁を越えた迅速な対応を可能にするという「インテリジェント・サプライチェーン」の概要を説明する。部品メーカーや大手小売企業の取り組みと効果も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。